組織概要

介護福祉士の職業倫理の向上、介護に関する専門的教育及び研究を通して、その専門性 を高め、介護福祉士の資質の向上と介護に関する知識、技術の普及を図り、国民の福祉の 増進に寄与ことを目的としています。

代表理事 理事 12 名

監事 2 名

委員会 広報委員会 8 名

研修委員会 8 名

倫理委員会 8 名

防災委員会 8 名

方部委員会 6 名

方 部 県北方部 県中方部 県南方部 会津方部 いわき方部 相双方部

 

組織沿革

1993年

平成5年4月18日

福島県介護福祉士会設立
2000年

平成12年

社団法人日本介護福祉士会福島支部
2012年

平成24年11月26日

一般社団法人福島県介護福祉士会設立
2013年

平成25年

公益社団法人日本介護福祉士会福島支部

 

組織理念

超高齢化社会を迎える日本にとっては、介護の中核を担う介護福祉士の養成と確保は国民的課題である。この課題を解決していくためには、介護福祉士を魅力ある職業として確立することが必要である、私たち介護福祉士が、生涯にわたって意欲と責任を持って行動できる環境を目指し、以下の取り組みを事業方針として諸事業を展開していく。

  1. 本会は、介護福祉ニーズを有する人々が、住み慣れた地域において、安心して暮らし続けていくことに応える活動を、日本介護福祉士会倫理綱領に則して実施する。
  2. 各方部が新規会員入会目標を掲げ、会員拡大及び組織強化を図る。定年退会防止のため、後継者育成事業などの協力を促す。
  3. 介護・福祉の就労を支援するための研修を開催を推進し、福祉従事者の確保を図る。
  4. 生涯研修制度に基づき研修を実施し、参加を促進する。研修会を通じて介護福祉士の質の向上を図り、福祉・介護サービスに関わる諸問題について理解を深める。
  5. 地域における住民相互の支え合いの重要性と県民への「介護」の普及啓発の場として「介護の日」を開催する。

 

組織図

 

会長挨拶

会長年頭挨拶

 2020年 福島県で全国大会・介護学会開催が決定 」

福島県介護福祉士会 会長 小山田 米子

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては穏やかに平成30年を迎えることができたかと存じます。日頃より、当協会の研修事業・業務等に多大なるご支援とご協力を賜りまして感謝申しあげます。ありがとうございます。

 冒頭のテーマにありますように、2020年福島県において日本介護福祉士会全国大会・介護学会開催が決定いたしました。会設立23年このような大きな大会開催は初めての試みです。会員全員のご協力とご支援、関係機関団体等のご支援を賜りながら成功させたと意気込んでおります。よろしくお世話になります。
また、私、全国選出理事に立候補いたしまして、無投票当選できましたことを報告いたします。微力ではありますが邁進して参りたい所存でおります。ご支援をよろしくお願い申し上げます。
一般社団法人設立6年目を迎え、急速にすすむ時代の変化と社会現象のなか3年後、5年後を見据えて介護の現場で働く人材確保対策、資質の向上、関係機関との連携を図り求められる介護福祉士像を構築していきたいと願っております。

 日本介護福祉士会においても平成30年度は、重点事項を定めメリハリのきいた内容で事業を進めたい。介護福祉士に求められる役割を適切に担うことができる人材の育成を掲げております。支部としても「人材育成・中堅職員・リーダー職員養成」に尽力したい意向です。

 最後に、会員の皆様のご健康とご活躍を祈願しております。 

 

お問い合わせ・入会お申し込み

FAX番号 024-983-1848