9月17日 医療体験セミナー

9月17日、ビックパレットふくしまにて行われた医療体験セミナーに福島県介護福祉士会

もブースを開き、介護福祉士会では、車椅子の乗車体験、高齢者疑似体験を行いました。

福島県内の中学生が多数参加し、様々な種類の車椅子についての説明、直接体験、

又、高齢者疑似体験を通して、高齢者の身体特性等、『気付き』や『学び』の機会と

なったのではないかと思います。

倫理委員会より

みんなで考えよう


 先日、ある高齢者施設に入居している叔母のところへ面会に訪れました。叔母は寝たきりで、声をかけても反応はなく、言葉を発することもありません。

 玄関を入るとすぐに叔母の居室の入り口が見えます。ちょうど排泄介助の時間だったのでしょう。排泄用具を持った職印の方が入室しようとしていました。その時でした。職員さんは、入り口のドアの前に立つと同時に扉を開け、入室していきました。ノックもせず、声もかけずに入室していく姿を見てしまいました。

 介助を終えるまで廊下で待っていましたが、その間も居室からは一切声は聞こえてきませんでした。居室から出てきた職員さんが私達に気が付くと、軽く会釈をして去って行きました。その様子からも職員さんに悪気がないことは十分に理解できます。ですが、施設であっても、叔母の居室は「叔母の家」ではないのでしょうか。帰り際、叔母の表情が少し寂しげに見えた気がしました。


 倫理委員会では、会員の皆さんと一緒に介護福祉士の専門性を高めていく活動を行っています。ご意見、ご感想等もお待ちしています。

お問い合わせ・入会お申し込み

FAX番号 024-983-1848